01:32 2021年03月09日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

情報セキュリティー企業Avast社の専門家らが、ネット上のプライバシーを保護し、個人情報のハッキングリスクを下げ、また自身のセキュリティーを改善する6つの方法を発表した。同社のプレスリリースを引用しロシアメディアが報じた。

Avast社の守秘義務に関する責任者シェーン・マクナミー氏は、FacebookやGoogleといった企業は、収集したユーザーの個人データをベースとする複雑なシステムを広告の設定に利用していると指摘する。また、最近では、Facebookユーザーの電話番号5億件のハッキングについて、また、ユーザーの個人情報の収集に関して定期的に Googleに対する訴訟が起こされていると報じられた。

シェーン・マクナミー氏は、企業へ渡される情報数を大幅に引き下げるいくつかの方法について提起した。

  • 広告の収集に影響するすべての情報をプロフィールから削除し、SNS以外のアクティビティ追跡機能を無効にする必要がある。
  • スマートフォンのジオロケーションの無効の推奨。
  • コンテンツへのアクセスで登録が必要とされないサイトのアカウントへはログインしない。
  • ユーザーがモバイルゲームやアプリに提供したスマートフォンのさまざまな情報へのアクセス許可を無効にする。
  • 広告をクリックしない。お気に入り商品の情報はブラウザで個別に検索する方がいい。
  • 電子メールは別々に作成する方がよく、すべての操作を1つの主たる操作に結びつけない。

この間、「カスペルスキー研究所」は同様に今後数年のサイバー犯罪における3つのトレンドについて紹介した。

タグ
インターネット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント