14:32 2021年03月08日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 80
でフォローする

ケトジェニック・ダイエットを行なっている人は、その特性から思いもよらない結果を呼ぶことになる。この問題についてロシアの医師でアナウンサーのアレクサンドル・ミャスニコフ氏が警告した。

ミャスニコフ医師は、ケトジェニック・ダイエットでは脂肪だけを摂取し、完全に炭水化物を断ち、タンパク質は少ししか摂らないと説明した。

同氏によれば、こうした栄養状態では、人間は風邪のような症状に見舞われるという。これは、全身の痛みや悪寒、倦怠感、筋力低下、不安神経症、不眠症といった症状。また、心脈の異常や腸の不調、神経に問題が生じるおそれがあるという。

ミャスニコフ医師は、ダイエットには食事のカロリーを下げ、運動を行い、バランスのよい食事を摂るだけで十分だと指摘する。

また、以前、米国の研究者らは、老齢期の精神衛生を保つには、やはり炭水化物の摂取量を下げる必要があると強調した。

タグ
健康, ダイエット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント