21:12 2021年03月03日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

英国のアーバンエアポート社が自社サイトで、コヴェントリー市に特別なミニチュア空港「Air-One」を建設すると発表した。同空港は未来の航空輸送である空飛ぶ自動車や航空タクシー、配達用ドローン用のユニバーサルな離発着場となる。

同社は、コヴェントリー市はこのユニークなインフラ建設に2つの理由で選ばれたと説明した。まず第1に同市は英国の中心に位置しており、第2に当地には伝統的に航空宇宙産業が強固に根付いている。ミニチュア空港は輸送用の幹線道路と商業・オフィスコンプレクス、鉄道駅に隣接する。ミニチュア空港Air-Oneは「典型的な」ヘリポートの60%の広さで足りる。

ミニチュア空港とは、短期間で建設可能な建造物で、その基本的なパーツは12メートルのスタンダートのコンテナよりも小さい。完成した空港は、上部に円形の着陸パッドがある円錐台のように見える。アーバンエアポート社によれば、顧客の要望から、内部には、休憩室や待ち合わせホール、会議室といったさまざまな空間が用意される。

また、この空飛ぶエレクトロ機器専用施設は、カーボンニュートラルとなり、すべてのエネルギーは外部に設置された太陽光パネルを利用する。

このプロジェクトの実現のためアーバンエアポート社は現代自動車(Hyundai Motor Group)との協力を行うこととなる。おそらく現代自動車の空飛ぶ自動車は、Air-One空港を利用するはじめての機器となる。

通信社スプートニクの報道によれば、サムソン社やテスラ社といった企業もエレクトロニクスや電気工学の分野で興味深い開発を行っている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント