00:49 2021年03月09日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

米国の薬剤師スージー・コーエン氏は、自身のサイトでビタミンD欠乏による異常な症状リストを公開している。

コーエン氏が指摘した症状とは、にきび、心臓不整脈、高血圧、涙目、倦怠感、過敏症腸症候群、腹部膨満感(おなかのハリ)、乾性角結膜炎、体の痛み、筋力低下、認知機能の低下、神経障害、黄斑変性症、自己免疫疾患の増悪、喘鳴、アレルギー、扁平紅色苔癬。

サイトで同氏は、患者が医療機関を受診する際には、できるだけ詳しく症状を伝えてほしいと述べている。

コーエン氏は、「あなたがかかえている全ての症状を話しても何も問題はありません。医師は、ビタミンDが欠乏していることにおそらく気づくでしょうし、錠剤の処方や注射を行う前に、ビタミンDを補うようにアドバイスするでしょう」と説明している。

同氏は、ビタミンDの欠乏による他の症状として、高血糖、頻繁におこる皮フの発疹、勃起不全、泌尿器系の問題、フケやうつ状態も挙げている。

コーエン氏は、ビタミン Dを豊富に含む食品を食事に取り入れるようにし、また様々なビタミンを服用したい場合は、どれを摂取するのがいいか医師と相談した上で行うようにとアドバイスしている。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
医学, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント