18:13 2021年03月08日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 13
でフォローする

アマチュア・ゲーム開発者のケビン・ベイツ氏はニンテンドースイッチのコインサイズ版「Arduboy Nano」を開発した。

「Arduboy Nano」には3つのパーツがあり、ベイツ氏はそれを3Dプリンターで印刷した。この小さなゲーム機には0.49インチのOLEDモニター、25mAhの充電池が搭載されている。これだけで1時間連続でゲームをするには十分なのだ。

ゲーム機の高さは2.5センチ未満。小さなボタンを押すには私たちの指は巨大すぎ、ゲームは快適とは言えないだろう。開発者によると、Arduboy Nanoでゲームをする際、スクリーンで細かい対象物を凝視しなければならず、ゲーム後は目が疲れるという。


関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント