13:25 2021年03月05日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21
でフォローする

スウェーデンのウプサラ大学の学者らは、暑い気候がタンパク質の機能に影響を与える危険な遺伝子変異の一因となっていることを明らかにした。これは、生物が新しい環境に適応して生き残る能力に影響を与える。プロシーデイングズ・オヴ・ザ・ロイヤル・ソサイエテイ B誌に論文が掲載された。

学者らは、タンパク質機能の理論モデルを分析し、それをさまざまな生息地のさまざまな生命体への変異の影響に関するデータと組み合わせた。実験は、複数の変異を持つ甲虫類、酵母、細菌、ウイルス、アラビドプシス、 回虫類、ショウジョウバエで行われた。

学者らは、変化する環境条件で変異が起きる前と後に生物がどのように生きたかを特定した。目的は、ストレスを引き起こす外的要因がDNAの変化による悪影響を増幅するかどうかを明らかにすることだった。そのために学者らは温度を上げ、得られた効果を調査した。

結果、生息環境の温度が高くなると、有害な変異の影響が大きくなることがわかった。地球全体の気温が2〜4度上昇すると、熱帯性の生物種におけるDNAの変化による悪影響は2倍になるという。

タグ
科学, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント