08:55 2021年10月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

中国の火星探査機「天問1号」が同惑星の初の画像を送信した。撮影は220万キロメートルの地点で行なわれ、その後、4回の軌道修正に成功した。中国国家航天局が発表した。

探査機「天問1号」は7月23日に海南省の島にある文昌衛星発射場から打ち上げられ、すでに197日の飛行を続けている。

ミッション成功時には研究者らは、大気や地形、地質学的特徴、同惑星の磁場の特性を研究することができ、火星や全太陽系の誕生と進化の謎を解く手がかりを得ることができる。

ミッションの重要な任務は火星の生命体の兆候の発見と、今後、同惑星の環境が変化し、人間の生活に適するようになるかを明らかにすることにある。

関連ニュース

タグ
中国, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント