04:09 2021年05月07日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12
でフォローする

アラブ首長国連邦(UAE)政府のメディア局は、同国の火星探査機「アル・アマル(希望)」の火星軌道への突入を独創的な方法で祝った。ドバイの空に新技術を用いて火星の第1衛星フォボスと火星の第2衛星ダイモスが投影された。ドバイの空に2つの物体が出現したことで市民は怯え、憶測をめぐらした。

物体を本物のように見せるために、100メートルの大型クレーン2台と、改良された40メートルのスクリーンが使用された。Expressが伝えた。

ドバイではすでに先週、惑星のような2つの丸い物体の出現に気づき、驚いた市民たちがこれは一体何なのか推測し始めた。

さまざまな説が浮上し、惑星Xのシステムに関係していると考えた人もいれば、終末論に登場する惑星ニビル、またはUFOだとする人もいた。

この謎は、「アル・アマル」が火星軌道に突入した2月9日に解き明かされた

UAE政府のメディア局は、火星表面からのフォボスとダイモスの眺めを描き出したかったと説明した。UAEの火星探査機「アル・アマルは2020年7月20日、日本の種子島宇宙センターから日本の基幹ロケット「H-IIA」によって打ち上げられた。

関連ニュース

タグ
宇宙, 驚き
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント