15:37 2021年03月08日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

中国は初の火星探査機「天問1号」を火星の軌道へ乗せることに成功した。中国航天科技集団(CASC)が発表した。

発表によれば、10日、CASCが開発した探査機「天問1号」は「エンジンを停止し、火星の循環軌道に乗ることに成功」した。同探査機は火星の軌道上を周回するという課題の遂行に成功した。ミッションには同様に火星表面での着陸と移動が含まれている。

探査機「天問1号」は昨年7月23日に海南省文昌市にある宇宙基地で打ち上げられた。

ミッション成功時には研究者らは、大気や地形、地質学的特徴、同惑星の磁場の特性を研究することができ、火星や全太陽系の誕生と進化の謎を解く手がかりを得ることができる。

ミッションの重要な任務は火星の生命体の兆候の発見と、今後、同惑星の環境が変化し、人間の生活に適するようになるかを明らかにすることにある。

タグ
宇宙, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント