16:59 2021年03月08日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

研究者がマウスで新しい研究を実施し、リンゴが脳の新しい神経単位の生成に刺激を与えていることを明らかにした。これにより記憶力や認知機能が改善する可能性がある。研究結果が雑誌『Stem Cell Reports』に公表された。

オーストラリアのクイーンズランド大学の研究者らとドイツのドレスデン市にある神経変性疾患センターの研究者らと共同で、リンゴに含まれるいくつかの植物栄養素の高濃縮が神経発生を刺激することを発見した。この神経発生は新しい脳の神経単位の発生過程となる。

研究者らはマウスで実験を行い、その結果、細胞培養へリンゴに含まれる植物栄養素のクェルセチンまたはジヒドロキシ安息香酸を加えると、研究所で培養された成体マウスの脳幹細胞がより多くの神経単位を発生させ、損傷からの保護が増強されることが判明した。

さらに、まさに特定の脳幹細胞が特に活発に増殖し、より多くの神経単位を発生させたことが明らかとなった。これらの脳幹細胞は学習や記憶に関連する。神経発生に対するこれらの栄養素の効果はすでに明らかにされている運動の効果に匹敵する。

今後の研究では、これらまたは他の植物栄養素が人間の脳の機能の改善に有効かどうかを確認することが予定されている。

以前、ロシアの専門家は、脳の十分な機能にとってどのような食物が不足しているかについて語っている。

タグ
科学, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント