18:52 2021年03月08日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

アラブ首長国連邦(UAE)のムハンマド・ビン・ラーシド首相は、同国の火星探査機「ホープ」が初の火星の写真を送信したと発表した。

同首相は14日、「火星の地表から2500万メートル上空から。史上初のアラブの探査機による初の火星の写真」とその画像とともにツイッターに投稿した。

同国の火星探査機「ホープ」は10日、打ち上げから半年後に火星の軌道に入った。


UAEは、世界で5番目に火星に到達した国となった。「ホープ」は、2020年7月20日に日本の種子島宇宙センターからH2Aロケットに搭載されて打ち上げられ、これまで地球から火星まで約5億キロメートル飛行している。

関連記事

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント