18:45 2021年03月05日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

米パデュー大学の学者らが行った研究は、ブタの知能を証明した。学者らは、ブタにビデオゲームをすることを教えた。ちなみに、このようなゲームは霊長類の知能レベルを評価する際に使用されている。研究は、Fronetiers誌に掲載された。

実験には異なる品種の4頭のブタが参加した。まず最初に、ブタたちは鼻を使ってジョイスティックを操作する訓練を積み、その後、ゲームに取り掛かった。

課題は、ジョイスティックを使って画面上の4つの異なる壁にカーソルを移動することだった。

ドン国立工科大学・生物工学及び獣医学部生物工学科のタチアナ・セルデュク准教授は「研究のデータによると、ジョイスティックの操作は不便であるにもかかわらず、ブタたちの課題遂行の試みで成功した数は偶然の一致を超えた」と指摘した。

これは、豚がジョイスティックの動きと画面上のカーソルの関係を理解し​​たことを意味している。

研究データによると、ブタたちの認識指数は「非ヒト霊長類のレベルに一致した」が、敏捷性のレベルははるかに低かったという。

セルデュク氏は「将来的に豚はジョイスティックまたはその他のデバイスを使って好きな食べ物を選んだり、生命に脅威が生じた場合には世話をしてくれる担当者に助けを求めることができるようになるかもしれない」との考えを示した。

セルデュク氏は、ブタがご馳走をもらうためではなく、よく考えて課題を遂行したことに注目し、次のように語った。

「ブタを使った実験では、実験に参加するブタが引き続き課題を遂行し、ご馳走というかたちでの物質的なご褒美ではなく、実験者たちからの賛辞や励ましを受けて満足していたことは興味深い。これは、この状況において研究者とブタたちの間に感情的なつながりが確立されたことを物語っている可能性がある。」

学者らはさらに先へ進み、タッチスクリーンを使った実験を続ける意向。学者らは、これがブタたちの新たな遊びのスキルを明らかにする機会を提供すると考えている。

研究は、動物の認識能力、知能、環境と相互作用する能力の研究を目的とした「Comparative Cognition Project」の支援の下で行われた。

タグ
科学研究, 研究, 動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント