20:05 2021年03月05日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02
でフォローする

WhatsAppはアプリの使用を複雑にし、その後、完全に新しい守秘義務規定を拒否するユーザーのアカウントを削除する。今のところユーザーはこうしたバナーを無視することができる。サイト「TechCrunch」が報じた。

現在のところWhatsAppのユーザーは、新しい守秘義務規定に関するバナーを無視することができるが、この規定によって電話番号情報はFacebookに提供される。こうした機能は3月15日まで維持される。

同社が制裁を適用した後、数週間はユーザーには通話と通知が維持されるが、しかし、検索やアプリからのメッセージ送信の機能は停止される。

その後も守秘義務規定を拒否し、これらの措置を十分に取らなかった場合、120日後にメッセンジャーはユーザーのアカウント削除の権利を得ることとなる。

新しい利用規約によりWhatsAppは3000万人のユーザーを失うことになった

タグ
テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント