08:08 2021年05月08日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 42
でフォローする

視野に関連したある問題が2型糖尿病の罹患を証明しているおそれがある。米国のメイヨー・クリニックの専門家らが、注意が必要な主な症状について解説した。サイト「Express」が報じた。

2型糖尿病の症状の1つとして、眼球の網膜血管への障害となる合併症の糖尿病性網膜症が上げられる。この病気は当初なんの症状も現れないか、または視界に軽度の問題が生じる程度である。

しかし、網膜症が進行する中で、患者は一連の目の症状を訴えるようになる。

  • 視界の斑または暗色の「毛状」
  • 霧がかかったような視界のぼやけ
  • 視力の変化
  • 色覚の問題
  • 視野内の暗色の「障害」または斑による視界不良
  • 失明

目に関するこれらの症状や他の問題に際して、専門家らは、血液検査で糖尿病の有無を確認するため、医療機関を受診することを推奨している。

以前、耳鳴りが糖尿病の存在を示すサインであると報じられている。

タグ
病気, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント