23:53 2021年04月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

チョコレートの正しい食べ方とは?健康に悪影響を及ぼさない1日の摂取量とは?食事の代わりにチョコレートを食べてもいいの?ロシアの栄養士エレーナ・ソロマティナ氏が、健康に有益な正しいチョコレートの食べ方についてアドバイスした。

ソロマティナ氏によると、一般的にチョコレートの1日の許容摂取量は1~2かけら。一方、チョコレート1枚全部を食べることも許容できるが、それは強い身体的または精神的ストレスが発生した特定の場合に限られる。またこの場合、チョコレートしか食べないという状況は避けなければならない。またチョコレートを正しく食べることが非常に重要とされる。ただ噛むだけではなく、口の中で溶かす必要があるという。これによってチョコレートの味をさらに感じることができるだけでなく、それ以上チョコレートを欲しなくなる。また最大の効果と満足感も得ることができる。

さらにソロマティナ氏によると、カカオの含有量が多いチョコレートは、気持ちを落ち着かせたりリラックスさせる効果があり、血圧も下げるという。

ソロマティナ氏は「チョコレートには、心血管疾患の他に老化も防ぐ非常に多くの成分も含まれている。これはカカオ豆を使ったあらゆるチョコレートに当てはまる」と語った。

なお、  2020年にスイーツ需要が減少したことにより、世界のチョコレート販売業者は深刻な危機に直面している。専門家らは、消費者の習慣が変化してきたことと、先進国の人々がより健康的な食事に切り替えている傾向があると指摘している。

関連ニュース

タグ
食品
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント