23:03 2021年04月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

舌ガンはQOL(生活の質)に影響を与えるだけでなく、話す、食べるといった機会を奪う可能性がある。外科医で腫瘍学専門のミハイル・ミャスニャンキン氏に話を聞いた。

主なリスク要因はいわゆる悪い生活習慣で、特に喫煙は強い酒との組合せで大きなリスクになるという。他にも、舌のひび割れ、白板症、口腔の慢性感染症、舌の粘膜の損傷なども舌ガンの発症につながる可能性がある。

また歯のケアも重要だ。腐った根、あるいは質の悪い入れ歯・義歯も舌ガンを誘発する。

ミャスニャンキン医師は、口内に痛みや異常を感じたらすぐに医者に相談するよう勧めている。

関連ニュース

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント