00:50 2021年04月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

医師でテレビ司会者のアレキサンドル・ミャスニコフ氏は、女性の健康維持のためにもっとも有益な食品を紹介した。

同医師によれば、まずビタミンDをともなうカルシウムの消費に注目する必要があるという。その標準を満たすため、同医師はタラの肝油の摂取をアドバイスし、また、カルシウムの摂取として毎日の食事でチーズやヨーグルト、牛乳、カッテージチーズ、柑橘系ジュースを摂ることを推奨する。

ミャスニコフ医師は、女性の健康にとってはエストロゲンの生成が重要で、これは大豆や豆腐チーズ、亜麻油、ウコン、赤ブドウ、桃、ニンニクの摂取によって増加すると指摘した。また、定期的に十分な量の不飽和脂肪酸を摂取することも推奨する。

同様にミャスニコフ医師はブロッコリーの重要性を強調した。同医師は、ブロッコリーは癌を予防し、さまざまな種類のミネラルやビタミン、特に葉酸を豊富に含んでいると指摘する。同医師によれば、女性はこうした栄養が頻繁に欠乏し、特に妊娠時に不足することから非常に有益であるという。

関連ニュース

タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント