13:14 2021年07月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

米大手Googleは全世界のYouTube動画投稿者から納税情報を収集し、米国内でのコンテンツ視聴からの収益から控除する計画を明らかにした。Googleは自社テクニカルサポートのサイトを通じて発表している。

Googleは2021年6月から、投稿者の収益からの税の差し引きを開始する可能性がある。

この他、動画投稿者らには5月31日までにGoogleの提供するコンテンツ連動型広告配信サービスAdSenseに必要な税務情報の提出が義務付けられる。期限までに情報提出がなされなかった場合、Googleは全世界のユーザーが挙げた総収益の最高24%を差し引くこともありうる。

Google側は、こうした措置は米国内国内歳入庁の要求によるものであり、これに基づきGoogleには「米国外に在住し、自身のコンテンツの収益化を行う全クリエイターから税務情報を収集」し、「米国在住の視聴者から収益を上げている場合には源泉徴収を行う」ことが義務付けられると説明している。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント