08:51 2021年04月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 03
でフォローする

国際宇宙ステーション(ISS)の機体から2.5トンの古い充電バッテリーを積んだ不要となったプラットフォームが放出された。これはISSから放出される宇宙ゴミとしては過去最大なものとなった。米航空宇宙局(NASA)のサイトで中継がされ、詳細をRIAノーボスチ通信が報じた。

新しいバッテリーを搭載したプラットフォームは2020年5月に日本の補給機HTV-9によってISSに届けられている。ISSの米国のセグメントでの交換後、古いバッテリーは廃棄用のプラットフォームに配置されていた。

NASAのサイトの中継では、バッテリーを乗せたプラットフォームにはリモートマニピュレーターSSRMSによって安全な位置に移動させられた後に、ISSから放出された。

2.5トンのバッテリーを積んだプラットフォームは、ISSから放出されたもっとも重い宇宙ゴミとなった。放出後、このプラットフォームは徐々に軌道を離れ、地球の大気が濃密な層で燃焼することになる。

タグ
宇宙, NASA, ISS
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント