02:02 2021年07月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

11日に国際宇宙ステーション(ISS)からロボットアームによって放出されたプラットフォームは、2~4年後に軌道から外れる。これは重さ2.5トンの古い充電バッテリーが搭載された不要となったプラットフォーム。米航空宇宙局(NASA)が発表した。

新しいバッテリーを搭載したプラットフォームは、2020年5月に日本の補給機HTV-9によってISSに届けられている。ISSの米国セグメントで交換された後、古いバッテリーは廃棄用のプラットフォームに配置されていた。

NASAはホームページで「プラットフォームはステーション(ISS)から無事に離れ、大気中で無害に燃える前に2〜4年間、地球の周りを飛ぶ」と発表した。

重さ2.5トンの古い充電バッテリーが搭載されたプラットフォームは、ISSから放出された最も重いごみとなった

2007年7月には米国の宇宙飛行士クレイトン・アンダーソン氏がISSのロボットアーム(SSRMS)を操作し、重さ640キロのアンモニアタンクを放出した。2018年12月には耐用期間を過ぎた重さ約0.5トンの日本の科学機器がSSRMSを使ってISSから放出された。

関連ニュース

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント