17:25 2021年04月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (62)
0 50
でフォローする

がんを誘発する一連のファクターがあることは知られている。また7つのウイルスが存在し、その多くは地球上のほぼすべての人間がもっている。これらも特定の状況でがんの発症を招くことがある。ブロヒン記念腫瘍学国立医学研究センターのウラジーミル・グルツェヴィチ教授に話を聞いた。

グルツェヴィチ教授は「これらウイルスは私たちの自然な同居人であり、大半の人間の体内に存在します。基本的に、人は生涯にわたりこれらと共存し、何の悪性腫瘍も発症しません。これらウイルスががんを誘発するのは、特定の条件下においてのみなのです」と説明する。現在、このようなウイルスは7つ確認されているという。

  • B型肝炎ウイルス:肝臓がんを発症させる可能性がある
  • C型肝炎ウイルス:肝臓がんを発症させる可能性がある
  • エプスタインバーウイルス:ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫、微咽頭がんを誘発する可能性がある
  • ヒトパピローマウイルス:このウイルスの特定種は子宮頸がん、口腔がん、咽頭がんを誘発する
  • ヒトヘルペスウイルス8型:カポジ肉腫、一部リンパ腫
  • ヒトTリンパ球向性ウイルス:T細胞白血病、T細胞リンパ腫
  • メルケル細胞ポリーマウイルス:メルケル細胞癌

グルツェヴィチ教授は、患者が悪性腫瘍を発症した場合、それはウイルス感染直後ではなく、長い潜伏期間を経てのことだと強調した。潜伏期間は3-5年から15-20年にも及ぶという。

関連ニュース

トピック
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (62)
タグ
健康, ガン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント