19:44 2021年04月11日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60
でフォローする

睡眠の質を上げるにはどうするか。専門家がいくつかアドバイスをしている。研究論文が「Sleep Health」誌に掲載された。

まず専門家は睡眠時間に注意するよう呼びかけている。

「一日の睡眠時間が5時間に満たない場合、心血管系や脳の血液循環に悪影響を与える可能性がある」と強調。また睡眠不足は精神疾患をまねく可能性があるとも指摘した。

また専門家によると「二度寝」の習慣も身体に悪影響を与えるという。倦怠感を引き起こす可能性があるという。

研究者は、よく言われる「就寝前にアルコールを飲むとよい」という神話を払拭した。アルコールによりすぐに眠りにつくことができるが、睡眠の質は明らかに悪くなるという。アルコール飲料の利尿作用が関係しているからだ。

研究者が就寝前に勧める飲み物は温かい牛乳あるいはハーブティーだ。また寝る前にテレビを見るのはやめたほうがいいという。テレビのブルーライトがメラトニン生成を妨げるからだ。

関連ニュース

タグ
研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント