09:15 2021年04月22日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

TikTokを運営する中国の技術大手ByteDanceとネット大手のテンセントは、米Apple社が発表した新たな端末識別ポリシーの迂回を狙ったCAIDプログラムのテストを行っている。16日、フィナンシャルタイムズ紙がCAIDプログラムについて言及された中国のアプリ開発者らの書類を引用して報じた。

フィナンシャルタイムズによれば、Apple社は数週間のうちにも自社スマートフォンのソフトの更新を行い、今後はユーザーが承諾をしない限り、ユーザーのインターネット上の行動が追跡できるIDFA情報は承諾が必要なオプトインに変更される。これまではIDFAの情報はデフォルトで誰でも使用でき、いつユーザーが広告をタッチし、どのアプリが稼働しているかが見える状態にあった。今後大多数のユーザーは追跡を拒否し、これによってオンライン広告市場は数十億ドルの損失を蒙ることになると予想されている。

中国の広告会社、コンサルティング企業、調査組織など約2000の会員が登録している中国広告協会(CAA)は、これへの対抗策としてiPhoneユーザーの追跡、承認を行うCAIDという新手法に乗り出した。フィナンシャルタイムズによれば、中国国内では現在、技術、広告企業らによってCAIDのテストが行われている。

フィナンシャルタイムズの引用した書面には、広告企業は「IDFAへのアクセスが不可能となった場合、代替にCAIDを使用できるだろう」と書かれ、ByteDanceとテンセントに所属と思われる人物らが現在CAIDをテスト中とは言及しているものの、両者ともコメントは拒否している。

関連ニュース

タグ
テクノ, Apple
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント