18:36 2021年04月11日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

地球と同様、木星でもオーロラが発生し、そのスケールは地球のものをはるかに上回る。しかし、私たちがこれら広大な「光のショー」を目にすることはできないため、この紫外線の発光について紹介したい。

米航空宇宙局(NASA)によれば、地上および軌道上の天体望遠鏡は木星で発生するオーロラの詳細を調査することはできず、それでもその「輪郭」をとらえることだけは可能だという。また、宇宙探査機「ボイジャー」や「ガリレオ」、「カッシーニ」は木星からかなり離れた位置を通過したため、オーロラが発生する極地をとらえることはなかった。

2011年に木星探査のために打ち上げられた宇宙探査機「ジュノー」のデータだけは、現在、この大気現象の秘密のカーテンを開くことを可能にした。

大規模な磁気嵐が日の出のわずか前に木星の暗部に発生することが判明した。木星の回転に合わせ、磁気嵐は日の当たる側に移動し、そこでは構造上から複雑で非常に明るいオーロラがいっそう鮮明になる。それらは数百あるいは数千ギガワットの紫外線の光を宇宙に放出する。

木星のオーロラは、主に衛星「イオ」の大気から降り注ぐ高エネルギー電子の絶え間ない雨によって形成される。これらは木星の両極の磁場に向かって加速し、大気の上層に入り込んだ際にガスとの相互作用によって発光を生み出す。

関連ニュース

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント