02:20 2021年04月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 14
でフォローする

Windows 10の次回アップデート「21H2」では、ユーザーのニーズに合わせてOSをカスタマイズできるパーソナライゼーション機能が搭載される予定。Windows機器に関するニュースサイト「WinCentral」が報じている。

関係者によると、「21H2」では秘密の個人設定が導入される見込み。ユーザーは自分のニーズに合わせてOSをカスタマイズしたり、デスクトップの背景を変更することができる。このアップデートの最大の特徴は、「デバイスの使用状況」という新しい設定が導入される点だ。

「デバイスの使用状況」では、仕事、勉強、娯楽、ゲームなど、ユーザーがどのような目的でOSを使用するかを指定することができる。設定後、Windowsはその設定に基づいて作業を調整する。例えば、ユーザーがゲームを指定すれば、追加のリソースをそれに割り当てるようにする。

このアップデートでデスクトップに新しい機能が追加される。この機能によりユーザーは、ネットからダウンロードした複数の画像で構成されるダイナミックなスクリーンセーバーを選択することができるようになる。また必要に応じて、画像をクリックすると、その画像の作者や使用権について知ることができる。その画像の情報は検索エンジン「Bing」で表示される。

また21H2では、タッチキーボードの設定が新しく導入される。専門家によると、この設定は、タッチスクリーン付きのノートパソコンや、ハイブリットコンピューターのユーザーに需要があるという。

関連記事

タグ
Windows, マイクロソフト
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント