17:48 2021年04月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

目の健康を維持するためには、ベータカロチンを多く含む食品であるベリー類を摂取したり、時々チューインガムを噛むのがいい。栄養士のアンナ・ベロウソワ氏が、テレビ局「ズヴェズダ」で語っている。

ベロウソワ氏は、ビルベリー(ハイデルベリー)とブルーベリーに含まれる物質は、血液の微小循環を刺激し、目の神経に栄養を与えると指摘している。

「まず、ビルベリーとブルーベリーは役に立つ。しかし、ベリー類でジャムを作るのはやめた方がいい。ジャムには目の健康維持に関する物質が何も残っていないからだ」

同氏はさらに、「ガムを噛むことで血行が良くなり、目に栄養が行き渡る。しかし、これは無理のない範囲で行うべきだ」と説明している。

ベロウソワ氏は、ネギ、パセリ、ディルなど緑色の野菜にもベータカロチンが多く含まれていると指摘している。しかし同氏は、35歳以上の人がこういった野菜を過剰に摂取すると、静脈瘤や痛風のリスクが高まると警告している。

関連記事

タグ
食品, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント