16:53 2021年04月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

土星最大の衛星の1つである「タイタン」が、生命の誕生に必要な条件を備えている可能性があることが、カンピーナス大学(ブラジル)の研究者らによって明らかになった。科学誌「サイエンス」がウェブサイトで報じている。

その研究によると、タイタンの表面は有機炭化水素で覆われており、氷に覆われている海は地表から約100キロ下に存在していることが分かった。

研究者らは、タイタンに衝突した小惑星や彗星が氷の地殻を突き破り、その結果生じたクレーターに水と有機物が混ざったと結論づけている。これが、最も単純な生物が出現した理由ではないかと研究者らは推測している。

パリ大学の惑星科学者であるレア・ボネフォイ氏は、「衝突によって形成されたクレーターは、一時的に温かいプールを作り出した。これは生命の起源にとって好ましい条件である」と述べている。

関連記事

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント