18:08 2021年09月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

スマホユーザーは、使用したアプリをきちんと終了させず、見えないようにしたり、「スワイプ」することがある。これは便利なこともあるが、場合によっては端末が過熱するなどの悪影響が起こる恐れがある。ロシア品質システムのデジタル検査センターのシニアスペシャリスト、セルゲイ・クズメンコ氏がスプートニクに語っている。

アプリを再起動する場合も、最小化(隠す)場合も、リソースを必要とする。つまりメモリを占有し、端末の急速な放電につながる可能性がある。

クズメンコ氏は、「同程度に最適化された『平均的な』アプリは存在しないことが状況がさらに複雑にしている。これは最小化された状態も含め、様々な量のリソースを消費するためだ」と説明している。

同氏は、メモリの少ないスマホでは、常にアプリを完全に終了させておくことを勧めている。最近のパワフルな端末ではそれほど重要なことではないが、最小化するアプリがあまりにも多いと、バッテリーの減りが速くなるかもしれないと指摘している。

関連記事

タグ
スマホ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント