17:20 2021年04月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

中国の広州疾病管理予防センターの感染症専門医らは、コロナウイルス感染症の痕跡は感染者が使用した日用品に最大28日間残る可能性があると発表した。研究結果を国際感染症学会が発表した。

2020年の春、研究者ら新型コロナウイルスに感染した39人の患者が自己検疫で利用したホテルの部屋の調査を実施した。専門家らは浴室の洗面台にウイルスが4週間存在し続けたことを明らかにした。また、排水設備では3週間、トイレの便座では2週間存在したことが確認された。平均で新型コロナウイルスの痕跡はさまざまな表面で5日間残っていた。

ホテル室内表面の感染症の痕跡調査では、綿棒が使用され、PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)検査が実施された。研究者らは、ウイルスの痕跡が、茶碗で100%、流し台で12.82%、トイレの便座7.89%、電話5.56%、サイドテーブル5.56%残っていることを明らかにした。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント