16:43 2021年04月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10
でフォローする

米Apple社が「Apple Watch」の「スマート」モデルの開発を検討している。このモデルはボディーがより頑丈になり、スポーツ選手や旅行者、また、過酷な条件でガジェットを使用することが想定される人たちが対象とされる。ブルームバーグが報じた。

新しいモデルには「Apple Watch」の標準機能が装備され、耐衝撃性の強化とゴム製のボディーが特徴となる。

報道では、「『Apple Watch』の最新モデルはすでに50メートルの防水性をもつが、この耐水性は多くの『スマートウォッチ』の中で最大の機能といえる。しかし、Appleは新しいガジェットのボディーをより強固にするためにゴムの使用を検討する。そのことにより、現在のアルミニウムやチタン、ステンレスのボディーが損傷する可能性のある環境でも有効に機能することになる」と指摘する。

報道によれば、同社は2021年の年末または2022年はじめに新しいモデルをリリースする予定だが、「Apple Watch」の強化版の開発は中止または延期の可能性もあるという。

関連ニュース

タグ
スポーツ, Apple
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント