02:27 2021年07月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41
でフォローする

ボストン・ダイナミクス社が倉庫で貨物の上げ下ろしができる新型ロボット「Stretch」を披露した。同社のサイトが明らかにした。

「Stretchをご紹介しましょう。倉庫や配送センターで箱を自動的に移動させる用の新型ロボットのプロトタイプです。」ボストン・ダイナミクス社のサイトにこう書かれている

技術系サイトTechCrunchの情報によれば、Stretchはボストン・ダイナミクスが4年前に開発、プレゼンテーションしたロボットHandleの商用タイプ。

Stretch はHandleとは異なり、 黒いプラットフォームの下に車輪を隠すことができるのと、貨物を掴むための無数の吸盤のついたアーム、その脇にロボットの目の役割を果たすセンサー棒がついている。

ボストン・ダイナミクスはこの夏にもStretch の生産を開始し、来年2022年の販売開始を予定している。

関連ニュース

タグ
ロボット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント