17:05 2021年04月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41
でフォローする

Windowsでは、explorer.exeがフリーズするとデスクトップが使えなくなり、タスクバーが表示されなくなる。しかし、今後explorer.exeからタスクバーが切り離され、独立する可能性がある。Windows Latestが報じた。

この変更は、Windows 10のアップデート「Sun Valley(21H2)」のプレビュー版で確認された。

これまでWindowsではタスクバーとexplorer.exeは共存していた。そのため、explorer.exeがフリーズすると、デスクトップが使えなくなり、タスクバーも表示されなくなってしまう。この場合、OSを再起動するか、タスクマネージャーを使用してWindowsエクスプローラーのプロセスを再起動することで、この問題は解決される。

マイクロソフト社は現在、このexplorer.exeをタスクバーから引き離すことを計画している。これにより、タスクバーの作動がよりスムーズになる可能性があり、パフォーマンスの向上が見込めるようになる。

現時点では、この変更によって右クリックしたときに表示されるジャンプリストの起動時間を短縮できるようになるかどうかはまだ分かっていない。

関連記事

タグ
Windows, マイクロソフト
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント