08:26 2021年04月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 24
でフォローする

ある仮想通貨投資家がApp Storeから仮想通貨アプリをインストールし、個人情報を入力したところ、約1億1000万円相当のビットコインが盗まれたことが分かった。米ワシントン・ポストが報じている。

被害にあったのは、フィリップ・クウリストドゥルさん。2020年2月にApp Storeで仮想通貨のウォレットアプリ「Trezor」をインストールし、個人情報を入力したところ、フィリップさんのほぼ全ての財産が一瞬にして盗まれたという。このアプリの評価は星5つで、偽物のようにはみえなかったという。

仮想通貨のウォレットアプリとして知られる本物の「Trezor」は、WindowsとLinux、macOS、Android向けに提供されているが、iOS版は存在しない。そのためフィリップさんがインストールしたアプリは偽物だったことが判明している。

フィリップさんは、偽物アプリを作った犯人よりもアップルに対して怒りを覚えている。Appleは厳しい審査に合格したアプリをApp Storeで販売しているはずであり、「Appleは私の信頼を裏切った」と述べている。

仮想通貨分析企業「Coinfirm」によると、iOS向けの偽アプリ「Trezor」で仮想通貨を盗まれたと報告した人は5人で、その被害総額160万ドル(約1万7700円)相当。一方、Android版でも偽物が出現したことがあり、合計で60万ドル(約6640万円)相当が盗まれたという。

関連ニュース

タグ
ビットコイン, 仮想通貨・暗号通貨
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント