00:31 2021年04月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

米スペースXの創業者イーロン・マスク氏が、ロシアのロケット「アムール」開発プロジェクトについてコメントしている。「アムール」には、ロケットの1段目を再利用できるというメリットがある。

マスク氏は4日、同ロケットについて「これは良い方法だが、完全な再利用性を目指すことをお勧めする」とツイッターに投稿。

​ロケット「アムール」の設計は2020年10月に開始され、2022年9月に完成する予定。このロケットは1段目を再利用するロケットで、燃料には世界で初めてメタンが使用される。飛行テストは2026年を予定している。

ロシアの国営宇宙開発企業「ロスコスモス」は、このロケットの打ち上げ費用を2200~3500万ドル(約24億3100万〜38億6700万円)と設定した。このように事前に打ち上げ費用を設定するのは同社では史上初。

関連記事

タグ
宇宙, ロスコスモス, イーロン・マスク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント