01:06 2021年04月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 23
でフォローする

高品質カメラや光学機器の製造で知られる日本のニコンは、年内に一眼レフの国内製造を停止し、タイの工場に完全に移管する。日本国内にはスペアパーツと交換レンズの生産のみを残すという。朝日新聞が6日に報じた。

同紙によると、今回の決定の背景には、スマートフォンのカメラの性能が上がりスマートフォン自身も普及、その一方で一眼レフの需要が縮小したことがあるという

同紙の調べでは、日本製デジタルカメラの販売規模は2012年の1兆4680億円から2020年には4200億円まで縮小。特にニコンが誇る一眼レフカメラの生産は大きく落ち込んだ。昨年度の同社の売上高は24%減で、コスト削減を厳しく迫られることになったと朝日新聞はまとめている。

現在、日本のデジタルカメラ販売数のトップはキヤノン。国内市場の36.8%を占めている。2位はソニーで19.5%、ニコンは12.6%で3位。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント