19:42 2021年04月11日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

衛星ネットワークサービスStarlinkの速度が毎秒200メガビット超という記録的数字に達した。同サービスはイーロン・マスク氏のスペースX社が開発を進めている。サイトWccftechが報じた。

同衛星ネットワークの最大速度が毎秒200メガビットを超えた。たとえば、米モンタナ州のユーザーは毎秒190メガビットの速度を記録した情報を入手した。シアトル市とニューヨーク市のサブスクライバーは、それぞれ毎秒230メガビットと240メガビットの速度に達したことが記念されたと語った。

紹介されたユーザーは、以前、Starlinkは最高速度が遅く、毎秒44メガビットだったとコメント。6人のサービスサブスクライバーで実施されたその後の実験では、速度の数値は毎秒46から47メガビットを下回らなかった。

報道では、現在、Starlinkは、衛星ネットワークの「HughesNet」や「Viasat」といった競合他社に勝っていると指摘する。

3月14日、スペースX社は衛生ネットワークStarlinkの一連の機器を搭載したロケットが軌道に向け打ち上げられた

2月には、スペースX社が通信サービスVoice over IP (VoIP)の提供を計画していると報じられている。

タグ
インターネット, テクノ, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント