05:02 2021年04月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

アメリカ化学会の研究者らは、魚の残骸からよりエコクリーンなプラスチックを作製した。このプラスチックは、原油から作られるポリウレタンの代用となる。サイト「EurekAlert」で報じられた。

米国の化学者らは、今日、ポリウレタンのプラスチックを使用せずに何かを生産することは不可能だと強調する。ポリウレタンは靴や衣類、冷蔵庫、建設資材などで使用されている。しかし、さまざまに利用されるプラスチックは深刻な不足の問題に直面している。原油から生産されるポリウレタンは、合成の過程で多くの毒性物質を分泌し、非常にゆっくりと分解する。そのため、決してエコロジー的にクリーンな資材と呼ぶことはできない。

米国の研究者らは、有害な「原油製」のポリウレタンをエコロジー的にクリーンな資材に置き換えることを決定した。彼らは、魚の残骸から生物分解性的に置き換え可能な資材を開発することに成功した。「EurekAlert」によれば、新素材の実験が成功した場合、魚の残骸と油をベースとしたポリウレタンというエコロジー的にクリーンなプラスチックが開発され、問題が解決されることになる。

無害なポリウレタン開発という試みはすでに着手されているが、その際、植物性の油が使用されることが報じられている。しかし、こうした植物の栽培には土地が必要とされ、また、これは経済にとって重要な資源といえる。米国の研究者らは、魚油を含む魚の残骸は、特別な支出なしに大量に入手することが可能であると強調する。

この間、通信社「スプートニク」は、プラスチック粒子が人間の肺に入ることでどんな害が発生するか紹介している。


関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント