23:49 2021年04月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 70
でフォローする

1900年にフランスで発見され、ブルターニュ博物館で保管されていた石板に再び学術界の注目が集まっている。石板に最古の3次元欧州地図が刻まれているからだ。現代の3Dスキャン技術により詳細な研究が可能となった。BBCが報じた。

世界中の研究者がSaint-Bélec Slabと呼ばれる紀元前2150年前の石板をあらためて研究することとなった。石板には世界最古群の西ブルターニュの地図が描かれており、しかも3次元ということが判明。研究結果はボーンマス大学HPに公開されている。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от BBC News (@bbcnews)

石板には境、丘、道などが刻まれている。丸や四角のモチーフが並んでいる。考古学者によると、石板の示す範囲は30×21キロメートルの面積だという。

先史時代の石板は紀元前1900-1640年の古墳の一部として発見された。一方で、地図が描かれた石板自体は古墳よりも数世紀前のものだという可能性もある。

関連ニュース

タグ
歴史
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント