04:45 2021年05月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ボーイング社はクライアント16社に対し、737 MAX機の電気系統の問題のおそれについて警告を行ない、調査実施まで航空機の使用を中止することを推奨した。9日、ボーイング社の記者会見で明らかにされた。

報道によれば、ボーイング737 MAX機の電気系統のコンポーネントの1つの接地に関連した問題が指摘されているという。

ボーイング社では、何機の航空機がこの問題に関係しているのか具体的には明らかにしておらず、ただ「特定の737 MAX機群」とだけ指摘している。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙 は、その後、一連の米航空会社が、必要な調査の実施まで737 MAX機の使用を中止したと報じている

また、同紙は、737 MAX機の電気系統に関する新たな故障は、インドネシアの航空会社ライオン・エアエチオピア航空の飛行機事故の原因となった飛行制御システムには関係がないとも報じている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント