05:02 2021年05月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 18
でフォローする

国際研究グループが人とキツネザルのハイブリッド胚を研究した。この胚は最大20日体外で存在した。こうした胚は科学的および医学的目的のために必要とされる。研究結果が雑誌『Cell』に発表された。

米国とスペイン、中国の生物学者は、ハイブリッド形成への障害は存在するのか、そうした方法はあるか、そしてそれを活用することで克服することは可能かといったことをより明確に理解するためにこの研究を実施した。同研究グループの科学技術は長期間にわたり体外でキツネザルのキメラ胚の生命を維持することを可能にした。

生体外で培養されたカニクイザルの胚に対し、研究者らはその生存6日目に胚ごとに25人の幹細胞を注入した。1日が経過した時点で人の細胞が132胚で確認がされた。10日後にはすでにキメラ胚は103個にまで拡大したが、まもなく生存率は低下し始め、19日目までに生きた状態のキメラ胚は3個にまで減少した。しかし、重要だったのは胚の中の人の細胞が、それらが成長を続けた全期間を通じて高い割合を示したことだった。

研究者らは、こうしたキメラ胚が、倫理的観点から人々の中で実施が問題視される研究に活用できる可能性に期待している。実験の次の段階では、研究者らはより詳細に異種間細胞の交換のあらゆる方法を研究することを予定し、その中で生物学的発展の視点から生命に重要なものを見出すとしている。

以前、日本で同様の実験が承認された際、ロシアの研究者らは最終結果が予測不可能であることから警告を行なった。(研究者のインタビューについてはこちらを参照ください。)また、昨年5月には、研究者らは幹細胞から人間の脳のモデルを培養することに成功している。

関連ニュース

タグ
科学研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント