19:39 2021年05月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02
でフォローする

Appleの次世代スマートフォン「iPhone 13」は、より多くのメモリが搭載されるため、同スマホは値上げされることになる。中国メディアMydriversが、国際金融グループ「バークレイズ」の分析レポートを引用して伝えている。

iPhoneのストレージ容量の上限が2021年時点で512ギガバイトのままだとすると、次世代のiPhone 13には容量が1テラバイトのものも登場する。iPhone 12とiPhone 12 miniは64ギガバイトで提供されているが、これらに対応する機種は128ギガバイトからになる。

アナリストらは、ストレージの増加の他に、全てのiPhone 13にレーザー距離計が搭載されると指摘している。現在のところ、この機能はiPhone Proにのみ搭載されている。また、リフレッシュレートを向上させた有機ELディスプレイもiPhone 13の新たな特徴であるという。

こういったストレージの増加や新たな機能は全て、iPhone 13の価格に影響する。アナリストらは、iPhone 13の販売開始時の価格は2300ドル(約24万9300円)になるとみている。現在、iPhoneシリーズで最も高価な「iPhone 12 Pro Max」は、日本では12万9580円。

2021年発売予定のiPhoneの3Dモックアップがネット上で先日公開され、これがiPhone 13なのではないかといわれている。

関連記事

タグ
Apple, iPhone
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント