04:18 2021年05月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 23
でフォローする

太陽フレアが連続で発生している。22日には11回、23日には3回の発生が観測された。ロシア科学アカデミーの太陽X線天文学実験室が発表した。

太陽フレアX線の強度を表す「Rスケール」のレベルは、6段階で上から3番目のオレンジ色に引き上げられた。22日は「太陽でCクラスまたはそれ以上の等級(A、B、C、M、Xの5つの等級に分類されている)のフレアが11回発生した」という。またモスクワ時間23日8時09分(日本時間14時09分)と5時37分(日本時間11時37分)、4時32分(日本時間10時32分)に計3回の太陽フレアが観測された。さらに4月25日には弱い磁気嵐が40%の確率で起きると予想されている。

弱い磁気嵐は、電力システムの操業に小規模な障害を引き起こしたり、鳥やその他の動物の移動経路に影響を与える可能性があると考えられている。より強い磁気嵐は、短波通信やナビゲーションシステムの障害や、産業用ネットワークの電圧障害を引き起こす。

関連記事

タグ
自然
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント