00:59 2021年05月17日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

火星の核には微生物の生存に必要なエネルギーと物質を維持する条件が揃っていることが科学的に証明された。科学誌「宇宙生物学(Astrobiology)」に掲載された学説をPhys.org.が短く紹介している。

宇宙生物学者は、火星の表面から剥離して地球に落下した隕石の化学組成を研究した。その結果、これらの岩石は常に水と接触した場合、微生物の生存に重要な副生成物、水素と酸素を作り出すことができることがわかった。微生物は溶解した水素を燃料として吸収し、硫酸塩に蓄えられた酸素を使ってこの燃料を「燃焼」させることができる。

この研究で、火星には生命体の生息に適した条件が潜在的に存在することが立証された。

関連ニュース

タグ
宇宙, 火星
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント