14:41 2021年05月09日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 51
でフォローする

国際的な研究者チームが実施した研究で、子どもの大気汚染への長期曝露は、遺伝的素因や幼少期の精神的外傷と同様に、成人期の精神疾患の深刻な発症要因であることが示された。JAMA Network Open誌に研究結果が掲載された。

英国で生まれた2039人の子どもを対象とした研究が行われ、研究者らが子どもたちの状態を20年間にわたって観察した。研究者らは、これらの子どもたちの22%が産業活動などを発生源とする窒素酸化物の濃度増加や排気ガスに曝露され、84%が最大許容濃度を超える微小な大気汚染物質に曝露されていることを明らかにした。

18歳に達した研究参加者たちの精神状態を調べたところ、研究者らは、高いレベルで有害排出物に曝露された人はメンタルヘルスの問題も多いことを発見した。アルコール依存症、タバコ依存症、大麻依存症、行動障害、注意欠陥障害、うつ病、不安、ストレス障害、摂食障害、さらには思考障害などの問題が生じたという。

研究者らは、大気汚染に関するデータと研究対象の子どもたちが住んでいた地域の社会・経済的条件を比較し、有害排出物は貧しい家庭と裕福な家庭の両方の子どもに等しく有害な影響を与えるとの結論に達した。貧しい家庭の子どもたちは、一般的に、大気中に存在する有害物質の濃度が高い、より芳しくない地域に住んでいるだけだという。

研究者らは、大気汚染が子どものメンタルヘルスに与える影響は極めて深刻な問題だと考えている。世界保健機関(WHO)によると、今日、世界の10人に9人が、自動車や産業活動からの排気ガスに含まれる高濃度の大気汚染物質に曝露されている。

先に「スプートニク」は、ロシアでは有害排出物の削減に多くの注意が払われていると報じた。国際的な専門家らは、「グリーン」水素の生産においてロシアが主導的な地位を占める可能性があると考えている。

関連ニュース

タグ
環境
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント