12:29 2021年05月06日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

4人の宇宙飛行士を乗せた宇宙船「クルードラゴン」がメキシコ湾に着水した。2日、米航空宇宙局(NASA)の中継で明らかになった。

マイケル・ホプキンス飛行士、ヴィクター・グローバー飛行士、シャノン・ウォーカー飛行士、野口聡一飛行士の4名が入ったカプセルはモスクワ時間9時57分(日本時間2日15時27分)、フロリダ州パナマシティの南沖に着水した

​メキシコ湾では救助船「GO Navigater」が待機しており、カプセルが引き上げられた後に4人は外に出る。

​「クルードラゴン」は2020年11月にISS(国際宇宙ステーション)に到着。クルーははロシアのセルゲイ・ルィジコフ飛行士、同セルゲイ・クド=スヴェルチコフ飛行士、米国のケイト・ルビンス飛行士に合流した。3人は2020年10月14日から半年間にわたりISSに滞在し、4月17日に有人飛行船「ソユーズMS-17」で地球に帰還している。

3人と交代する形で4月24日、米国のシェーン・キンブロー飛行士、同メーガン・マッカーサー飛行士、日本の星出彰彦飛行士、仏のトム・ペスケ飛行士を乗せた「クルードラゴン」がISSに到着。4人は半年間の長期滞在を行う。

関連記事

タグ
宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント