14:55 2021年06月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

考古学者らがケニアの洞窟で墓穴を発見し、その中には遺骸も残っていた。発見された埋葬跡は石器時代中期のものとみられ、今日知られているアフリカ大陸で発見された人の埋葬跡としては最古のものとなる。雑誌『ネイチャー』で発表された。

ケニヤのパンガ・ヤ・サイジ洞窟での採掘時に考古学者らが石器時代中期にあたる約7万8000年前の埋葬跡を発見した。

研究者が最初の骨の断片を発見したのは2013年のことで、その後、2017年にはさらに3メートル地下で柔らかい堆積物で埋った丸い穴を発見。そこにはたくさんの脆くて粉々の骨が埋まっていた。

その後、これらの発見物は長い道を経ることとなった。骨の脆さを考慮し、研究者らは遺骸をブロックで保存し、はじめナイロビに運び、その後、国立人間進化研究センター(CENIEH)のあるスペインのブルゴスまで移送、修復作業と詳細な研究を行なった。

遺骸の正確な精査に研究者らは1年以上を要した。

遺骸はホモサピエンスの乳幼児で、2歳半から3歳の男の子の一部であることが判明した。この子はスワヒリ語で「赤ん坊」を意味する「ムトト」と名付けられた。顎関節の保存状態は良かったが、いくつかの歯は形を整えることができなかった。同様に脊椎と肋骨の関節の保存状態も良かった。

遺骸は右側を下にして屈曲した状態で墓に収められ、膝は胸に押し付けられていた。骨と周辺の土壌の顕微鏡による分析により、遺体は墓穴に収められた後、すぐに埋められ、そのことで急速な腐敗から保存されたことが確認された。遺骸の細部が一定の埋葬儀式があったことを物語っている。

関連ニュース

タグ
歴史, アフリカ, ケニア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント