00:43 2021年09月17日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 24
でフォローする

ロシア連邦消費者権利・人間福利保護管理庁付属中央疫学科学研究所の科学研究担当副責任者のアレキサンドル・ガレロフ氏は、コロナウイルス用ワクチンの接種によって抗体を得ることが、7~9年間にわたりマスク着用などの規制に代る別の手段となると指摘した。

ガレロフ氏は、「パンデミックは今後も継続し、感染学的プロセスは拡大するでしょう。そして、マスク着用などの規制措置は少なくとも7年から9年は継続されることになると考えられます。そのため、終わりのない規制をともなう先の見えないストレスに晒されたこうした生活を切り替えるには、ワクチン接種による抗体の形成が必要になる」と語った。

同氏によれば、ワクチン接種の峠を越えたならウイルスは季節性のものとなるという。

この間、ドイツの医師らがパンデミックの波が終焉を迎えるための条件について指摘している。

関連ニュース

タグ
ロシア, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント