21:33 2021年06月13日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

無線通信のWi-Fiで、ハッカーの攻撃に対し非常に脆弱な一連の欠陥が発見された。デジタルセキュリティー分野の専門家であるベルギーのマティ・ヴァンホフ氏が発表した。

「フラッグ・アタックス」と呼ばれるこの欠陥は、無線ネットの機能範囲内でガジェットの所有者データを収集し、有害コードを送信することを可能にする。ヴァンホフ氏は、実験の中で家庭用ルーターの4つのうち2つでこの問題が確認されたと発表した。

同専門家は、Wi-Fiの問題の大部分は、プログラムが承認された1997年以来、解決が図られずにいると指摘する。これらの問題はプログラマーとハードウェア開発者のミスによって発生した。ハッカーが「フラッグ・アタックス」を利用するのはかなり困難なことではあるが、しかし、リソースの大きい機器をもつハッカーは特定のガジェットへのハッキングを成功させることが可能だ。

Wi-Fiの標準を監視する機関Allianceは、プログラムの問題処理は取り組まれており、この欠陥がWi-Fiユーザーに対する策略に利用されたという事実はないと強調した。

関連ニュース

タグ
ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント