18:49 2021年06月15日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

ロシアのシュヴァベ・ホールディングは、爆発物や危険な化学物質を5秒で検知できる装置「セグメント・ガンマ」を開発した。ロシア国営コングロマリット「ロステック」のプレスリリースで発表された。

シュヴァベ・ホールディングでは、軍事や民生用の光学機器の製造や開発を行っている。ロステックのサイトでは、この装置について「爆発物、危険な化学物質、生物学的な媒体などを室内環境で絶え間なく監視する」と説明されている。

ロステックのオレグ・エフトゥシェンコ業務執行取締役によると、この装置は鉄道駅、空港、地下鉄、ショッピングモール、映画館、コンサートホール、美術館などの展示ホールなどで使用できるという。この装置による効果は99.8%以上。

同グループは以前、空気中に漂う毒物、細菌やウイルス、さらに新型コロナウイルスを検出する装置「Detector-BIO」と「Ether-BIO」を発表している。

関連ニュース

タグ
開発, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント