19:13 2021年06月13日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21
でフォローする

米スペースXが開発を進める「スターリンク」衛星52基が同社運搬ロケット「ファルコン9」で打上げられた。今回はCapella SpaceとTyvakの衛星2基も同時に打上げられている。

打上げは米フロリダ州ケープカナベラルにあるケネディ宇宙センターから現地時間15日18時56分(日本時間16日午前7時56分)に行われた。スペースXの公式HPでライブ中継された。同社のツイッターによると、ファルコン9の切り離された第1段は同社海上プラットフォームに着地したという。

​「スターリンク」は米民間企業スペースXが開発を進める衛星コンステレーション計画。地球上のどこにいてもインターネットアクセスが可能になるサービスの構築を目指す。計画の第1段階だけで約1万2千基の衛星打上げが予定されている。

関連ニュース

タグ
宇宙, イーロン・マスク, ロケット
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント